アクセスカウンタ

<<  2011年10月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


あらためて、大通公園(中編その2)

2011/10/25 23:26
引き続き、大通公園の6丁目から9丁目です。

大通6丁目はこれまでとガラッと雰囲気が変わります。
まず東側の日時計。

画像


文字盤が午後4時までしかないのが、いかにも北国らしいというか。
今時期だと、5時にはもうまっくらです。
夏は日が長い反面、冬に近づくにつれ、極端に日照時間が減っていきます。


西に向かうと、樹齢130年以上(!!)のケヤキも立ち並ぶ、
ステージエリアになります。

画像


画像


てっぱんはここでよく、フラダンスの奥様方を見かけました。
他にもたくさんの音楽イベントに使ってほしい場所でもあります。
カフェとかあってもいいかも?


  ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆


7丁目へやってきました。
いよいよ大通公園も半分来ました。
歩いているとそろそろ小腹がすく頃です。


7丁目はさっきまでとうって変わって、スコーーンっと空が抜けます。

画像


円形のステージ(?)が特徴的です。

イベント時には、なぜかお酒エリアとなることが多いです。
雪まつりの雪像も、このへんになるとクライマックスになりますね。


そうそう、大通公園の管理事務所もここにあります。

画像


レアな(?)完成度の高い大通公園のパンフレットをもらうもよし、
竹馬を借りて童心に帰って遊ぶもよし。
ぜひ一度寄ってみてください。


それから、7丁目には他では見られにくい植物もあります。

画像

管理事務所のそば。なんか虫とか食べてくれそう?な花ですね。

画像

ユリノキ。5丁目にも1本ありますが、見逃しやすいのでこちらがおススメ。
7月に黄色い花が咲くそうですが、頭上に咲くので気づきにくい。
てっぱんも忘れてました・・・。来年は写真ゲットします!

画像

アジサイ。めずらしい、ってわけではないですが、大通公園では13丁目とここがきれいかなと。
本州と違って、北海道のアジサイは夏から秋の花です。
10月に咲くアジサイは、本州出身のてっぱには、なかなか衝撃的です。


  ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆


そして来ました8丁目、9丁目エリア。
この2つは連結したエリアです。つまり8丁目と9丁目を遮る道路が無いのです。

なんといっても目を引くのは、その中間地点にある「ブラックスライドマントラ」

画像


彫刻の滑り台です。
もちろん実際に滑ることができます。(大人も。)
製作したのは世界的に有名な彫刻家、ノグチイサム氏です。
(てっぱんは北海道に来て、初めてその名を知りました。もっと勉強せねば!)

なんでも未完成の作品で、みんながすべって磨かれることで、完成するとか。
先生、粋です。惚れてしまいます。


ここより東側の8丁目は普段はだだっ広いエリアですが、
イベント時には超おすすめエリアと化します。
ビアガーデンでは我らが北海道を代表するサッポロビールのエリア、
そしてオータムフェストでは北海道各地のふるさと市場となります。
北海道限定サッポロクラシックを片手に、舌鼓をうつのが8丁目のだいご味です。

ちなみに、夏でも溶けない雪だるまも、ここで見られます。
(ヒント:北側)

西の9丁目は遊具エリア。

画像


さまざまな遊具をはじめ、水路や芝生など、まさに子連れママさんエリア。
ベロタクシーで指定されることも多いエリアです。
こんな都心に子どもを安全に遊ばせられるエリアがあるのが、驚きです。
同時に、嬉しくもあります。
その環境を作り上げた、先人に敬服です。


  ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

次回いよいよ最終回(になればいいなぁ)は、そんなに間隔をあけずにUPできそうです。
そして、今年度のベロタクシーの運行もいよいよ残すところ1週間となりました。
10月30日(日)が一般の最終運行日です。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あらためて、大通公園(中編)

2011/10/18 23:47
大通公園の両脇を走る道路。
ここの街路樹には、ほとんどハルニレの木が使われています。

画像


ハルニレの別名は「エルム」全国のホテルやペンション、レストランの名前にも
数多く使われています。

大通のニレはそれほど立派ではないですが、連続して生えているので
東西方向にながめると、森の中に入ったような、そんな気がするのです。


それでは「あらためて、大通公園」中編スタートです。


  ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆


駅前通りを西側へわたると、4丁目エリアがスタートします。
ここでもやはり目を引くのはこの噴水でしょう。

画像


4丁目は駅前通りに面しているので、各イベントのインフォメーションや
オープンゲートの役割を果たすことが多い場所です。
観光幌馬車の駅停もあります。

ベンチもたくさんあるので、市民の憩いの場や
観光の方の足休めの場としてもよい空間になっています。

画像

(ただし冬は撤去されます。今年ももう撤去済みです。)

そこを少し見上げると大きなプラタナスの木があります。

画像


プラタナスは面白い木で、樹皮がめくれ具合によって全然違う色の木肌が出てきます。
遠目に見たマーブル模様が特徴的です。
若い枝にもその模様が見られるので、仰いでみるのもおすすめです。

画像



視点をベンチに戻すと、小さなサルスベリが立派な花と実をつけていました。

画像

画像



となりにも立派な花をつけた低木があります。

画像


熱心に見てらした奥様に尋ねると
「これはムクゲよ」
と丁寧に教えてくださいました。
日本の国の花が菊であるように、韓国の国花にもなっているそうです。

「マ・ミ・ムのムクゲね!」
なんと覚え方まで。
ありがとうございます。

このムクゲ、ライラックとともにこの先大通公園の両脇をずっと固め続けます。


  ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆


プラタナスの街道をわたると、5丁目エリアになります。

画像



そして目を引く聖恩碑。

画像



南東の地下鉄入口そばに生えるヤマボウシは6月末頃、
夏のおとずれを目で楽しませてくれます。

画像


大通公園にある地下鉄入口やトイレ、駐車場入り口などは
うまく緑化(カモフラージュ?)されて、なんというか公園との一体感があります。


公園の南側には駐輪所ができました。(5丁目・6丁目)
ぜひご利用を。
画像




西側はイチョウ並木が続き、赤レンガものぞむことができます。

画像



なんかすごく長くなってきたので、中編は分割します。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あらためて、大通公園(前編)

2011/10/11 23:59
札幌の名所は?

「やっぱり時計台かな。」
「いやいや、赤レンガ道庁でしょ。」
「テレビ塔もあるよ。」

いろんな意見があると思いますが、ベロタクシードライバーてっぱんとしては
「大通公園!」
と答えます。

テレビ塔から西へ向かって伸びること13町。
道路を含め、幅約100mほどの直線的な公園は、様々な会場にも変身します。

今回は、そんな街の中心を形作る大通公園を

ベロタクシー的観光のすすめC あらためて、大通公園

と題し、3週にわたってお送りします。


まずは1丁目から。

画像


ここはやはりなんといってもテレビ塔でしょう。
大通公園の顔、とも言えます。
ここを起点に、大通公園が始まります。
晴れた日はぜひテレビ塔へ。大通公園を一望できます。


すっかり有名になったテレビ父さん。
そのオフィシャルショップ。

画像


実はテレビ塔「非」公式キャラクターであることは
あまり知られてなかったり。(公式キャラクターは「タワッキー」)
でも人気です。

画像


1丁目には他に交番や豊平川の水位塔があります。

画像

画像


植物はイチイ(オンコ)、ヨーロッパアカマツ、シンジュ。
アースデイの広場にもよく使われてますね。


 ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


さて、2丁目です。
ここはいま、サトウカエデ(メープルシロップがとれるカエデ)が紅葉中。

画像


カエデの彩りに隠れがちですが、南側のツルウメモドキやニレも
秋を感じさせてくれます。

画像


夏は北側の滝がなんともいえない清涼感をだしてくれて、
頭上のアメリカノウゼンカズラが色を添えてくれます。

画像

画像



「ベンソンの水飲み場」もあるのですが、ちょっとマニアック?

画像


てっぱんはシティガイドの勉強をするまで、気付きませんでした。
(ゴメンネ)
2丁目にはほかに「花の母子像」「開拓母の像」があります。

シティジャズのドーム、ミュンヘンドイツ市、北海盆踊りもココ。
春には、北西側のコブシも大きな白い花を咲かせてきれいですね。
2丁目を楽しめる方は、大通の「通」かも?


 ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


そして3丁目。

画像


泉の象からのぞむテレビ塔の風景は、鉄板とはいえやはりいいです。
てっぱんはここの駅前通り(北西側)で停車していることが多いです。
ここにベロストップができたらなー(チラっ)

観光案内所もここ。困ったときや困ってない時も寄ってみてください。
ボランティアガイドの方々が丁寧に対応してくれます。
画像

ただし17時までなので、お早めに。

3丁目には多目的トイレ、電話ボックス、喫煙所、地下鉄連絡EVなど、
まさに札幌観光の玄関口。
ここから観光を始める方も多いのでは?


中央の噴水は、子どもたちでにぎわいます。

画像


夏場は子どもでなくたって、入っていきたいです。


3丁目を彩る植物は、イロハモミジ、ニレ、ナナカマドでしょうか。

画像


北西側には、バラ科の植物やハマナス、ライラックが混在します。

画像

画像



銅像類もたくさんあって、泉の像をはじめとして、
「牧童の像」「湖風の像」「石川啄木歌碑」
があります。

駅前通り沿いに生えているのはトチノキ。
冬芽が大きいのが特徴です。

画像


ここから眺める大通BISSEも壮観ですよ。


さて、第一週は1丁目〜3丁目までご紹介しました。
次週は4丁目〜9丁目になる予定です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ドライバー日誌20111004

2011/10/04 23:30
ども、てっぱんです。

急な寒波が来てびっくり!な週明けでした。
さすが北海道。
まだまだ驚かされることがたっぷりです。

秋をすっ飛ばして冬になりそうだからか、
街中も急いで秋模様になってきてる印象です。
自宅近くで見つけました。

画像


中身はきれ〜になくなってました。


沿道で発見。

画像


赤いのは唐辛子?
沖縄の香辛料(グーレコース)に入ってる島唐辛子にも似てますが・・・


ぎんなんも発見。

画像


赤レンガ前で見つけました。
頭上にはびっちりと実ができてます。
いつでも準備OK!って感じです。


きのこも発見!

画像


これはちょっと食べられないかな。
しかしきのこってほんとユーモラスな形してますね。


ちょっと目を凝らせば、街の中も秋でいっぱいですね。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2011年10月のブログ記事  >> 

トップへ

Re-さいくる 2011年10月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる